研究プロジェクト

21世紀型自然災害のリスク軽減に関するプロジェクト

研究目的

 平成23年3月の東日本大震災がもたらした未曾有の被害により,あらためて巨大地震の恐ろしさを思い知らされました.
さらに,平成23年9月に日本列島を襲った台風12号は観測史上最大級の豪雨災害をもたらすとともに,その直後の台風15号は東海・関東の都市域に大きなダメージを与えました.
また,平成24年7月には九州北部で記録的な豪雨災害が発生しています.
東日本大震災における津波被害にしても,集中豪雨による出水被害にしても,我が国の社会・経済活動が,被災ポテンシャルの高い平野部に集中していることが被害を拡大した一要因となってい ます.
さらに気候変動に伴う豪雨災害は世界規模で頻発しており,我々が想定すべき自然災害に対するリスクは,この数十年の間に急速に増大しています.
本研究プロジェクトでは,都市域での震災や,集中豪雨に伴う流域圏の水害・土砂災害など,現代社会が直面している自然災害を「21世紀型自然災害」と位置付け,そのリスクを適正に評価し,かつ軽減をはかる方策を提案してゆくことを目的と しています.

内容

 本研究プロジェクトでは,自然災害のリスク軽減に関する以下の5つの研究テーマを設定し,テーマリーダーの下で研究者間の連携をはかりつつ研究を遂行 していきます.

研究テーマ

研究テーマ 1:
短期再来型災害に関する研究
極めて降雨強度の高い豪雨の中で、人命を守るための防災技術に関する研究
研究テーマ 2:
長期再来型災害に関する研究
南海トラフ沖地震に対する事前準備及び発生時の支援・調査体制の高度化に関する研究
研究テーマ 3:
テーマ詳細(案:計画中)